Genre: 
(book #1)
Status: coming Feb 28, 2022

曲がり山の地下迷宮

Alexey Osadchuk

エリックは、「偉大なるシステム」が統治する世界に、オーカスで一目置かれている鉱員のアレン・バーグマンの子として生まれた。だが、息子誕生の喜びも束の間に、生まれたての赤子はあまりに残酷な運命を背負っていた。エリックは完全に「ゼロ」状態だった ー レベルゼロ、「特長」ポイントもゼロ。彼をかろうじて生かしていたのは、基盤の「補給元素」である、わずかながらの「生命」と「エネルギー」だけだった。

エリックを助産した呪術師は、これは邪悪な力「バグ」の仕業だろうと言った。偉大なるシステムによる奇妙な秩序の中では、エリックは「経験値エッセンス」も「特長アップのパネル」も使うことができず、一生をベッドから出られずに過ごす可能性があった。だが、父アレンは解決策を見つけ出した。銀行で大金を借りて都市へと出向き、闇市場でレベル条件のない「古代族」の遺物を購入したのだ。

遺物を装備していてもエリックは脆弱で、町の誰もがエリックを奇異の目で見ている。それでもエリックが自分で動けるようになったことが、バーグマン一家には希望の光だった。だが悲しきかな、それも長くは続かない。エリックの十四歳の誕生日に、父と母は鉱山事故で亡くなってしまう。銀行はエリックが生まれ育った家を奪っていき、残りの借金を働いて返済するためにエリックは曲がり山の地下迷宮に行くしかなくなってしまう。

そしてここから、「ゼロ」から始まる少年の、生き残りをかけた奮闘の物語が始まる...


Amazon